雑学

初めて革製品を手にした人に捧ぐ!お気に入りの革鞄を長く使うために気をつけるポイント3つ

投稿日:2014年6月13日 更新日:

IMG 6863



昨年末からプレゼントでもらった革製のカバンを愛用しています。実は、本革の製品を手にしたのは初めてなので取り扱いに慣れるのに時間がかかりました。
気をつけることが多くて結構難しいですね。

半年以上使ってきてわかった気をつける点をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

■絶対に濡らさない

singing in the rain
singing in the rain Photo by Leonard John Matthews

常識のレベルかもしれませんが、革製品は絶対に濡らしてはいけません。水分が付いてしまうと、その部分が変色してしまいます。飲み物をこぼしたり、雨に降られたりすると地図模様や水玉模様ができてしまいます。それなら、全体がビショビショに濡れたのなら全体が変色するので違和感がなくマシかもしれません。

■日焼けを避ける

Summer Sunshine
Summer Sunshine Photo by **Mary**

人間も日光などの紫外線に当たると黒く焼けるように、革製品も変色してしまいます。

特に、緑や青のものだと色が褪せ方が顕著です。暖色系の革に比べると、寒色系のものは白っぽくなってしまいます。

■定期的にメンテナンスする

IMG 6856
どんなものでもそうですが定期的なメンテナンスが大切です。汚れやホコリが付いたままにならないようにこまめに掃除してあげた方がいいです。

まとめ

ここで紹介したことは、避けることで少しは劣化を防ぐことができます。ただ、革製品は、使い込んで自分の手に馴染んでいくもの。毎日大切に使い、土砂降りの雨に降られ、真夏の太陽でガンガン照らされたあなたの革製品は世界に一つのあなただけのものになります。

あまり神経質にならずに変化を楽しみながら使い込んでいくのがいいのではないでしょうか。

-雑学
-,

執筆者: