LifeHack ライフハック 環境関連 雑学

知ってますか?東京電力の新料金プラン

投稿日:2013年6月25日 更新日:

Electricity
Electricity Photo by Filter Forge

そろそろ暑い暑い夏がやってきます。猛暑が予想される今年の夏は、特に多い電力需要が見込まれ節電・省エネを奨励されています。そんな中、東京電力が新しい料金プランを発表しており、5月から開始されています。(何も通知がなかったので、私も昨日知りました。)

打ち出されたプランは、みなさんのライフスタイルに合わせて夜間電力料金を安くする、といったものなのでもしこのプランに合った生活をしていらっしゃる方は変更してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

■4つの新料金プラン

・従量電灯B・C

・朝得プラン

・夜得プラン

・半日お得プラン

・土日お得プラン

基本的にはこの4つのプランで構成されています。(オール電化の家庭には別のプランがあります。)



これらのプランは、それぞれ次の時間帯での電気料金が割引されます。

・従量電灯B・C

今までの基本型で特に割引はありませんが昼間の在宅が多いご家庭や時間帯・曜日を気にせず電気を使いたい方におススメのスタンダードのプランです。

・朝得プラン

深夜1時から朝9時までの時間帯がおトクになるプランです。夜遅くに帰ってきて、朝早くから活動するかたにはちょうどいいと思います。

・夜得プラン

夜9時から朝5時までの時間帯がおトクになるプラン。9時頃に帰宅して活動する方に合ったプランだと思います。

・半日お得プラン

夜9時から朝9時までの時間帯がおトクになる料金設定です。
21時頃に帰宅し、9時までに出発する方向けですね。




従量電灯を除く以上の3つは、平日だけでなく土日にも適用されてしまうので、土日の生活が少し制限されてしまいます。



・土日お得プラン

土日が一日中おトクになる料金設定です。
平日は寝に帰るだけで、土日にまとめて家事をする方向けだと思います。

■まとめ

東京電力から提示されたプランをまとめてみましたが、夜間電力の利用を推進するためとはいえ、どのプランも現実的ではないですね。活用できるのは、一人暮らしで生活にメリハリがある方だけだと思います。
奥さんやお子さんがいる方はだいたい17時頃には帰宅し、晩御飯の用意をされると思いますので従量電灯B・C以外は割高になってしまいます。

多くの方が利用しやすいのは、夜得プランですかね。
残業等で遅くなり9時以降に帰宅し朝早く出発する。こんな生活ならありだと思います。

どのプランが自分に合っているか知るには、東京電力のHPに「電気家計簿」がありますのでそちらで確認して下さい。(ちなみに私は今まで通りの従量電灯Bが最もお得でした・・・。)

電気家計簿

最後に注意事項ですがこれらのプランは一度変更すると1年間は再度変更できませんのでご注意下さい。

-LifeHack, ライフハック, 環境関連, 雑学
-, ,

執筆者: