ガジェット

iPhoneアプリ「メディアマーカー」 が動かないときの対処法

投稿日:

読書管理はもっぱらメディアマーカーを使っています。ところが、いつからかiPhoneアプリのメディアマーカーが動きません・・・。仕方なくパソコンからデータ入力していたのですが、やはり面倒・・・。ところが最近、iPhoneでの対処法を発見したのでご紹介します。

Sponsored Link

起動はする。でも、進まない・・・。

メディアマーカーのアプリは起動することは可能です。起動して書籍の検索まではできるのですが、書籍をタッチすると固まります。そうしたら、ホームボタンを押してもしばらくフリーズ・・・。
何度試してもアプリを使うことはできず、メディアマーカーの使用をやめようかとも思いましたが、よく考えれば次の方法がありました!

▼最近は何をしても反応しない・・・。
20150630182700

アプリはダメでも、ウェブ版なら使える!

そう、ウェブ版です。iPhoneに標準で入っているsafariやChromeから、メディアマーカーのサイトに進みます。そうすれば、新たな書籍の登録も読書状況も一通り管理することができます。

safariであれば、共有ボタンから「ホームに追加」しておけば、すぐに使うことができます。

▼この共有ボタンから・・・
20150630183210

▼ホームに追加をクリックすると・・・
20150630212847

▼ホームで表示したい名前を入力します。
20150630183457

▼ホームにショートカットができます。
20150630183600

これで、いつでもどこでも本を購入してすぐに記録を残すことができます。

まとめ

いちいちパソコンから入力するというのは結構面倒だったので、うまくiPhoneで管理できる方法が見つかりよかったです。

ところで、メディアマーカーは、もう新たなOSへの対応はないのでしょうか。次のiOS9?で対応していただけるとめちゃくちゃ嬉しいんだけどな・・・。

-ガジェット
-, ,

執筆者: